Cartagena, Republic of Colombia #4

_


   カルタヘナ 3日目


   今日行ってみた場所は


f:id:KijiB-co:20190623143622p:plain


   サン・フェリペ要塞


   ここで入場券を買って といっても 窓口はQちっぷに おまかせ 


   いくらだったか聞きもせず ゲートへ向かう


   ケチなQちっぷが 文句言わずに


   入場口を通過したところを見ると そう高いとは思わなかったか


   この暑さで 判断力が激しく低下しているかの どちらかだろう



f:id:KijiB-co:20190623143734p:plain



   ここに来る前の午前中 すでに炎天下の町を歩き回った後だ


   
   入り口を通り過ぎると すぐに登り坂


   しかも途中 日よけになるような場所が ほとんど見当たらない


f:id:KijiB-co:20190623143844p:plain


   普段は サングラスとか帽子とか


   日よけ対策グッズは ほとんど使わないが


   あまりの暑さと日差しの強さに 


   昨日 用心のため 帽子を買っておいたら 正解だった


f:id:KijiB-co:20190623143943p:plain


   ここでも売っている


   街中 いたるところに 行商の帽子屋さん(に限らず)がいる


   
   

   坂は緩やかに見えるが 歩くと かなりきつい


f:id:KijiB-co:20190623144044p:plain




   やっとこさ 平らな部分にたどり着き 一息ついた


f:id:KijiB-co:20190623144124p:plain

   

   更にそびえる壁を しばし見上げ


f:id:KijiB-co:20190623144205p:plain



   再び 今度は階段を登って行くと


f:id:KijiB-co:20190623144252p:plain



   頂上には 見事な眺めが待っていた


f:id:KijiB-co:20190623144404p:plain
   


   下って行くと何の為か あった門が 上から見える


f:id:KijiB-co:20190623144500p:plain



   下の入場口と タクシーで渡ってきた橋と


   その先には 泊まっている 歴史中央地区が見える


f:id:KijiB-co:20190623144554p:plain




   違う方角に見えるのは ポパの丘 白い建物は修道院だそう


f:id:KijiB-co:20190623144637p:plain



   ようやく登り着いた頂上の眺め


f:id:KijiB-co:20190623144709p:plain



   下から見上げると こう見える


f:id:KijiB-co:20190623144801p:plain



   
   どこの辺りにあったか 思い出せないが


   ドアも付いていない すっからかんの部屋


f:id:KijiB-co:20190623144858p:plain


   要塞が稼働中 どう使われていたんだろう




   地味に一軒だけあった お土産物屋さんの入り口


   ここに来て これが 今日一番 目を輝かせた一瞬だった


   アンティーク小物だ!


f:id:KijiB-co:20190623144949p:plain


f:id:KijiB-co:20190623145047p:plain


   自分一人で来てたら きっと衝動買いしてただろう


   が 何しろ今は お財布の主は 


   こういうのに一切興味が無い Qちっぷ


f:id:KijiB-co:20190623145138p:plain


   しばらく しげしげと眺めながら


   でも待てよ こういう場所で 本物のアンティークを売るかな


   骨董品を見る目など ちっとも持ち合わせていないが


   アンティーク調 のお土産物ってことかもな


   と 色々考えを廻らせ その場を離れた


f:id:KijiB-co:20190623145354p:plain


   ああ それでも 古めかしいこの感じ 好きやわあ



   古めかしいといえば この大砲も そう


f:id:KijiB-co:20190623145702p:plain


   これとは別の大砲だが


   間近で見ると そりゃもう良い感じ
   

f:id:KijiB-co:20190623145943p:plain


   この彫りが いつの時代のものかは分からないが


   惹かれることこの上ない


f:id:KijiB-co:20190623150522p:plain





   それにしても 休み休み歩いていても


   暑さに へこたれそうになる

   
   若い頃は 暑いのへっちゃら


   ほんの5年前 メキシコ ユカタン半島への旅行でも


   全く暑さが苦になることはなかったのに


   カルタヘナが激しく暑いのか 自分の老化が激しいのか


   多分 両方だろう



   

f:id:KijiB-co:20190623150912p:plain


   壁の段差に座って 汗をふきふき 溶けそうになっていると


   向こうで鳩が 職員さんが掃除で流した水を飲んでいる


   さっき見てたら その水 泡まじりだったから


   洗剤入りだよお 鳩ぽっぽ


f:id:KijiB-co:20190623151113p:plain


   それでも飲んじゃうくらい やっぱり 暑いのね




   休憩に水分補給で 息を吹き返し


f:id:KijiB-co:20190623151329p:plain


   眺めを楽しみながら 散策再開


f:id:KijiB-co:20190623151539p:plain



   これは トンネル通路の入り口


   中で撮った写真は 残念ながらピンボケばかり


f:id:KijiB-co:20190623151732p:plain


   パンフレットみたいなものは 貰えなかったので


   通路がどう張り巡らされてるか 想像もつかないが


   まあ 結構な規模ではないか という感じがした


f:id:KijiB-co:20190623151904p:plain


f:id:KijiB-co:20190623152043p:plain


   涼しいトンネルで また生き返り


   坂を見れば 上を目指す


f:id:KijiB-co:20190623152305p:plain


   何てことは無い 意味も分からん こういう板サインが


   どうも素敵に見えてしまう
   

f:id:KijiB-co:20190623152551p:plain



   そして この景色


f:id:KijiB-co:20190623152810p:plain


   左側の高層ビルの辺りが リゾートホテル街 ボカ・グランデ地区


   中央の低い屋根のかたまりは 旧市街地 セントロ


   と コロンビア国旗



f:id:KijiB-co:20190623153044p:plain


   それから


   カルタヘナの トレードマークの一つ っぽい この屋根


f:id:KijiB-co:20190623153747p:plain


   セントロの城壁と同様


   ここでも煉瓦や壁の 古い質感を味わい


f:id:KijiB-co:20190623154722p:plain


   一旦 宿へ戻ることに




   下りの途中で見た建物


f:id:KijiB-co:20190623154904p:plain


   倉庫か何かかな 公開されてはいない様子だった



   疲労感と 名残惜しさが 同時に湧いてくる


   サン・フェリペだった
_

Cartagena, Republic of Colombia #3

_

   カルタヘナ 2日目の午後



   午前中 町を囲む城壁周辺を散策して 次は


   壁の内側 町の様子を見て回った



f:id:KijiB-co:20190616131550p:plain


   どの通りも 道が 気持ち良いほど真っ平ら


   ママチャリで ぷらーっと出来たらいいだろな


   と思ったが 古い町で 道幅が狭く


   全部の通り 車両は一方通行


   自転車は多分 交通の妨げになるだろう




   ゆっくり歩きながら 建物を眺めていくと


   これは大学 のようだ
   

f:id:KijiB-co:20190616131644p:plain




   ピンクの建物が見えてきて こりゃいいなと思いながら


f:id:KijiB-co:20190616131729p:plain


   正面に着くと なんと 裁判所のようだ


   左側に少し写っているのが 入り口で


   セキュリティゲートがあり そこには


   デカデカと 拳銃の上に斜め線が引かれた画が掲げられていた


   銃持ち込み厳禁 っちゅうことだろう


   ふた昔前は めっちゃ危険な国だった コロンビアだしね



   とにかく人の出入りがひっきりなしで


   ゲートの写真は撮りそびれてしまった


f:id:KijiB-co:20190616131823p:plain




   次は 教会っぽい建物


f:id:KijiB-co:20190616131915p:plain


   通行人が途切れるまで待てずに


   ここも玄関周りは撮らずに通り過ぎる



   適当に歩いてると どうやら 町の端っこに着いたみたい


   何だかわからんが 何かのお店が目に付く


f:id:KijiB-co:20190616132019p:plain



   この先を過ぎると 時計台の広場に出た


f:id:KijiB-co:20190616132116p:plain



   反対側にある建物は ホテルやレストラン



f:id:KijiB-co:20190616132208p:plain


   この中の一軒 ピザ屋さんが美味しそうだったので


   遅めのランチをここでとった


f:id:KijiB-co:20190616132303p:plain



   オーナーらしきおじさんが 人懐こく英語で話しかけてきて


   自分はイタリアンなんだよーという


   なるほど どうりで 頂いたピザは とっても美味しかった



   
   時計台の城壁を 外へ通り抜けようとした時に


   目についた 観光案内版を見ると


   昔ここは 奴隷売買の市場に使われていたそうだ


   悪意を持って外からやって来る奴らに 太刀打ち出来ないと


   悲惨なことが身に降りかかるという 歴史の教訓やな と思った  


f:id:KijiB-co:20190616132354p:plain



   別の案内板には この一帯の地図があった


f:id:KijiB-co:20190616132441p:plain


   泊まっているのは ピンクの部分(San Diego)で


   その辺は歩いてみたので


   次は 赤の部分 ヘツェマニ(Getsemani)地区へ行ってみることに



   広場の外側 この前を通る道を渡ると


f:id:KijiB-co:20190616132531p:plain


   河口のように見えるが
   

f:id:KijiB-co:20190616132622p:plain


   ここで行き止まり 上流は無く 川じゃない


   多分 海続きの 小さな観光船用の港っぽい


f:id:KijiB-co:20190616132702p:plain


   それを右に見ながら進むと


f:id:KijiB-co:20190616132746p:plain

 
   ここから先が ヘツェマニ
   

f:id:KijiB-co:20190616132845p:plain


   入って行くと これまた古そうな


   雰囲気たっぷりの街並


f:id:KijiB-co:20190616132927p:plain


   こっち側の建物は やや小さめのが多い感じがした


   ごちゃっとしてるが 楽しい


f:id:KijiB-co:20190616133013p:plain


f:id:KijiB-co:20190616133053p:plain


   教会も シンプルで庶民的に見える


f:id:KijiB-co:20190616133405p:plain


   何と言っても 南国に来た感を味わえるのが


   外壁の この色選び


f:id:KijiB-co:20190616133601p:plain



f:id:KijiB-co:20190616133756p:plain



   何気ない 白い壁のお宅もあるが 玄関周りが


   鮮やかなブルーで いい感じだったりした


   
   さて 引き返そうか としたあたりで


   別の意味で 南国を実感したのが これ


f:id:KijiB-co:20190616133937p:plain


   デング(ウイルス)と ヘツェマニは戦う


   これ そうだわ 家の周りに水を淀ませると


   蚊が繁殖する絶好の場になるから ダメ


   日本でも 子供の頃に言われてたわなあ


   でも この土地は一年中が夏


   きっと大変に違いない


   現地の人達の現実を垣間見たところで


   今日の散策は ここまで

_

Cartagena, Republic of Colombia #2

_

   始めての南米旅行 コロンビア の2日目


   昨日宿に到着したのは午後遅く


   あっという間に夜になったので


   早めに朝食を済ませ 早速朝から散策に出かけた



   城壁に囲まれた小さな町は


   どの通りにもコロニアル スタイルの建物が建ち並び


   目に映るものが ことごとく新鮮で素敵



   あてもなく歩き始め 少し建物を眺めた後


   まずは ここを囲んでいる壁を見てみることにした



f:id:KijiB-co:20190606113703p:plain


   着工が1630年で 最終的な完成は1683年 とある



   内側にある登り口を上がると  


f:id:KijiB-co:20190606113738p:plain


   部分的にここだけ 壁というより広場みたい


f:id:KijiB-co:20190606113802p:plain


   この先も かなり幅広な壁が続いている


f:id:KijiB-co:20190606113826p:plain


   これは見張用の詰め所か何かかな


f:id:KijiB-co:20190606113851p:plain


f:id:KijiB-co:20190606113918p:plain


   大砲がある隙間から見えるのは


   サンフェリペ要塞 と後になって分かった



f:id:KijiB-co:20190606113944p:plain


   壁の外側には現代の道路が通っていて かなり混雑気味


f:id:KijiB-co:20190606114010p:plain



   そして 海

f:id:KijiB-co:20190606114033p:plain



   久しぶりの 海!
   

f:id:KijiB-co:20190606114055p:plain


   カナダ オンタリオ州での生活は 7割りがた快適だが


   少しばかりある不満の一つは 海が近くにないこと


f:id:KijiB-co:20190606114120p:plain


   走ってる車が映り込まないように


   待つことしばし タイミングをみて撮った


   実際は 結構な交通量がある


f:id:KijiB-co:20190606114148p:plain




   城壁の内側に目をやると


   これは 工事中の テアトロって書いてあるから 劇場ですな

f:id:KijiB-co:20190606114226p:plain


   見事に咲く花と 調和のとれた建物


f:id:KijiB-co:20190606114304p:plain



   歩いて行くと 何か見えてきたので

f:id:KijiB-co:20190606114324p:plain


   覗いてみると お土産物屋さんの建物だった

f:id:KijiB-co:20190606114343p:plain


   目の前は 観光バス用と思しき駐車場があり


   ツアー客の群れが ごちゃごちゃしてる


   そこへ一台のバスから


   コリアンかチャイニーズっぽいオバさん達が


   ぞろっと降りてきたと思ったら


   やおら セルフィー棒で自撮り大会を始めて


   やたらめったら騒々しい


   こりゃかなわんわな とQちっぷと目で合図しあい


   お土産屋さん まだ半分も見てなかったが


   とっとと この場を後にした


   
   壁の内側の続き


   色鮮やかな建物 こういう きちんと手が加えられた建物は
 

f:id:KijiB-co:20190606114409p:plain


   おおかた ちょっと贅沢なホテル


   Qちっぷと旅する限り まず縁がない場所だ




   壁に戻ると 外海に向かって空いている窓というか


f:id:KijiB-co:20190606114430p:plain


   のぞき穴というか が 絶好の休憩場所になる とわかった


f:id:KijiB-co:20190606114451p:plain


   なにしろ 晴天 気温33℃の蒸し暑さ


   ぶらっと歩くだけでも 相当報える


   水分補給と一服に と ここに座ってみたら 大正解


   日陰に加えて 海風がここを通り抜ける



f:id:KijiB-co:20190606114513p:plain


   その昔コロニーを作ったスペイン人がここで


   この涼しさに あー 生き返るわー って


   やってたのかもな と想像して


   休憩と 本日前半 を終えた

_

Cartagena, Republic of Colombia #1

_

   行き先の最終決定から ひと月も経たず出発した 


   スプリングブレイク旅行の 今日は初日



   この地の下調べや 旅行の準備は


   ちゃちゃっと適当に済ませておいたが


   留守の間に 猫と家の面倒を引き受けてくれた


   お向かいさんの アン姉さんの手を


   あまり煩わせないようにするための 家の中の準備の方が


   あれこれ大変


   そのうえ 目的地 コロンビアのカルタヘナ空港への到着は


   家を出てから 12時間以上かかった


   前の日の夜中過ぎに家を出て 宿にたどり着いたのが


   午後4時前 もうクタクタ



   そして 宿に着いたのはいいが


   多分 今時の宿泊施設は 世界中で禁煙ルームが基本よね


   リラックスできないわあ


   と思っていたら 部屋を出てすぐ脇の所に


   ソファー付き喫煙スペース のバルコニーが!

   
f:id:KijiB-co:20190504105436p:plain


   至れり尽くせりのホテル からは程遠い安宿だが


   こういうところが良い



   部屋の外は通路と それが囲む吹き抜けの小さな中庭があって


   隣の建物と庭上部の隙間からは


   ありゃ廃屋か? いや 多分人が住んでる っぽいビルが見える


f:id:KijiB-co:20190504105521p:plain


   早速 南米に来たんだわ気分 が盛り上がる




   その後 ひと休みしたところで 日も暮れてきたし


   この辺で 夕食がてら 付近を散策へ


f:id:KijiB-co:20190504105557p:plain


   宿はカルタヘナ中心街の端っこ辺りで


   旅行ガイドなんかで紹介されてるスポットへは


   少し歩かないといけないが


   小さな町なので 距離的には大した問題じゃない


   
   黄昏時の 古い建物が立ち並ぶ通りは


f:id:KijiB-co:20190504105623p:plain



   一見の価値 大いにあり



f:id:KijiB-co:20190504105710p:plain



   建物は古いが 綺麗に手直しされた 気の利いたホテルなんかと


   古いまま使われ または ボロボロの空き家のまま の建物が


   同じ地区に混在していて なのに ちぐはぐな感じを受けない


   この感じ 好きやわ〜


f:id:KijiB-co:20190504105735p:plain



   観光用の馬車が 街のあちこちに


f:id:KijiB-co:20190504105801p:plain


   歩き疲れたので


   あてずっぽうで入った 小さなレストランは


   お店の名前も どこの通りだったかも 定かではないが


   当たり だった


f:id:KijiB-co:20190504105827p:plain
付け合わせは プランテイン(バナナに似た形で甘くない)の素揚げ


   前菜に頼んだ エビがメインの Ceviche:セビーチェ


   シーフードのマリネ のことらしい


   メキシコに行った時には タコのセビーチェを食べたっけ


   形態は お店により様々みたい  


   このお店のは サイコロに切った白身魚や野菜も入っていて


   味付けは 何だか分からんが


   ライムだか レモンだか 柑橘系の風味が効いてて


   めっちゃくちゃ 美味しかった


   
   メインディッシュは 海辺の町に来たからには 魚



f:id:KijiB-co:20190504105852p:plain


   こっちは 特別感はないけど そこそこのお味


   それでも今日は


   乗り換えの待ち時間 マイアミ空港で入った寿司レストランが


   笑えるほどの不味さで


   飛行機の中でもロクな食事が出なかったので


   美味しく頂けた



   そして 今日の締めくくりは


   カルタヘナ旧市街(セントロ)にあった


   Beer Lovers という ビール専門のバー


   Qちっぷは 大のビール好き


   嬉々として何種類かのビールを楽しみ 


   その間 ここ5年ほどになるか アルコールを欲しなくなった私は


   ノンアルコール ビールに 舌鼓を打ったのだった


f:id:KijiB-co:20190504105914p:plain


   そういえば ノンアルコールのビールって 生まれて初めて飲む


   カルタヘナの暑さのせいか これが予想を裏切る美味さ


   何が楽しくて アルコール分無しのビールなんか飲むのさ


   と思っていたが 以外にいける 癖になるかも


   何はともあれ しんどかったが 良い一日だった



_

Yo me voy a Cartagena

_


   Yo me voy a Cartagena


   という スペイン語


   意味は何なのか 辞書グーグルすると


   英語では I'm going to Cartagena


   そうか


   カルタヘナへ行くぞー! ってことだった


   何の話かというと


   明日から コロンビアのカルタヘナ というところへ


   観光しにいってくるのだ


   冬のうちに 大まかに どこか暖かいとこへ


   旅行に行こうと Qちっぷと話していて


   私の希望は トルコ マルタ ベリーズ


   もしくは メキシコのメリダ だったが


   Qちっぷのアイデア コロンビア に決定


   今月中旬になって やっと 


   Qちっぷが 飛行機と最初の2日間の宿の手配を済ませた


   15日間 その辺りを うろうろすることになりそう


   
   今年の始め頃 たまたま 見ていたYouTubeビデオで


   流れてきた CMに見入っていたところ


   Qちっぷが 何見てるのーとやってきた


   普段は YouTubeのCMは 余程の事が無いと


   速攻でスキップするのだが


   このCMは 私とQちっぷ 二人ともを


   がちっと引きつけた


   これが そのCM ミュージッククリップ仕立て

www.youtube.com




   というわけで


   只今 1日の夜中前 今からコロンビアへ向けて 出発!


   明日の昼過ぎには ここにいるんだわーと思うと ワクワク


   
   昨日の夜遅くは 日本の新元号 発表中継に


   沸き立った二人だった


   では 平成最後の旅へ行ってきます


_   

Gerbera Flowers, Madagascar

_

   下絵はこんな感じ

f:id:KijiB-co:20190318062732p:plain


   今回は ファンタスティック ぬり絵シリーズで


   初の 花の画


   タイトルで これはマダガスカルなんだ と分かると


   ただのお花畑だけど 想像がふくらんで面白かった


   それに 随分ぬり絵ページを重ねてきたが


   気が付くと ファンタスティック シリーズに限らず


   花が題材のぬり絵は初めて


   今まで 建物や街の景色を塗るのが楽しいと思っていたが


   草木や花も なかなかいいもんだ


   と 心境に変化を与えられた ページだった


f:id:KijiB-co:20190318062749p:plain
Fantastic Planet p.5 : Gerbera Flowers, Madagascar

_

Angkor Wat, Cambodia (12th century)

_


   下絵はこんな感じ

f:id:KijiB-co:20190308063203p:plain



   今回は アンコール ワット


   もう20年近く前になるが


   ここには行ったことがある


   タイから空路で この近くの空港に降りる時


   大雨の後だったのか そこかしこが水浸しなのが


   上空から見えて えらく不安になったのを思い出す



   この頃 パソコンとデジカメを使い始めて間もない時で


   使い方がよく分かっていなかったため


   ちゃんとした写真を ほとんど残せていない


   その少ない画像の中から ちょっとピックアップしてみた


f:id:KijiB-co:20190308070159j:plain


f:id:KijiB-co:20190308070234j:plain


f:id:KijiB-co:20190308070313j:plain


   なんとも 魅力的な場所だった


   当時 アンコール ワット観光の 旅行者が宿泊する町は


   ホテルやなんかの建設ラッシュの様相で


   あと数年後には 市街地になってしまうんだろうな


   と 少し残念な感じがした


   でも 出来ることなら また行きたいところである


f:id:KijiB-co:20190308071110j:plain



   そんなこんなで 今回は


   昔の思い出に浸りながら 出来上がり


f:id:KijiB-co:20190308071641p:plain
Landmarks of the World p.12 : Angkor Wat, Cambodia (12th century)

_

夕暮れ時 #102

_


   もう3月というのに


f:id:KijiB-co:20190308053321p:plain 


   この雪


   今年の冬は どか雪がほとんどなく


   まあまあ過ごしやすかった


   2月も終わり そろそろ春やなあ と油断していたら


   急な寒波に見舞われ


f:id:KijiB-co:20190308053942p:plain


   溶けかけていた雪が戻ってきた


   2、3年前あたりから 大雪の度に 


   Qちっぷが 除雪機買おうかなと言っていた


   けど そんな大邸宅でもなし 手作業で充分ですがな


   と止めていたが 去年年末 とうとう


   小さな ご家庭用サイズの除雪機を買うことにした


   そうとう腰がしんどくなってきたらしい


 f:id:KijiB-co:20190308055836p:plain


   丁度自分も よる年波には勝てんなあと感じていたところ


   おかげで 毎回二人で 表裏の玄関周りを半分に分けて


   雪と格闘していたところを


   今年からは 新しい除雪機くんとQちっぷが 全部片付けてくれる


   風向きが影響するので 場所によってかなり違いがある


   雪の積もり具合


   今日は いつも自分が担当だった裏庭は


   大した事も無く さっさと終わらせてくれた


f:id:KijiB-co:20190308061703p:plain


   表玄関は ひざ下くらいまで積もっていたので


   除雪機買ってて良かった実感 に浸っていたQちっぷであった



   夜まで降り続く予報が外れ


   日暮れ前 思ったより早く除雪完了


   今日は すがすがしい 夕暮れ時


f:id:KijiB-co:20190308062622p:plain

_