読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の中尉 #336 ちび子中尉の一大事

_

   先週金曜日の正午から週末いっぱい


   ちび子中尉 一大事だった



   カナダでは 今日、22日の月曜日は Victoria Day という祝日


   その連休前の金曜日なので Qちっぷの職場の所属部署は


   半日勤務の早上がり


   きっかりお昼に Qちっぷが帰ってきて 


   ドアを閉めて上着を掛け始めた その時


   ちび子中尉の ただならぬ大きな鳴き声が聞こえてきた


   駆けつけると 私のベッドルームで ゼイゼイしている


   見るからに様子がおかしい



   ちょうど一週間前の金曜日にも 突然様子がおかしくなったが


   病院で取れる予約時間には Qちっぷが帰ってこられずに 職場で


   電話カウンセリングだけ受けていた


   
   その週末2日間 元気がなかったが 


   月曜にはもとに戻ったように見えたので 病院行きは見送っていた



   その一週間後の 再度の急変だったので


f:id:KijiB-co:20170523034915p:plain
                         病院に向かう中尉



   すぐに病院に電話して 今回は1時間後の救急予約が取れた



   
   診察してもらうも どこが悪いのかが判らない 


   レントゲンや血液検査をしますか ということだったので


   即お願いすると その前に費用の見積書を持ってくるから、と言う


   まどろっこしいが しばらく待って 見せられた見積もりによると


   700ドルくらい  けっこうかかる


   それでも緊急なんだからと すぐに取りかかってもらった



   待つこと 小一時間  レントゲン写真を私たちに見せるべく


   タブレットと共に 医師が診察室に入ってきて説明し始めた


   原因は判らないが(またもや!) 


   「お腹のここにガスが溜まっていて、こっちの塊は便か異物かのどちらか」


   「ここが腸で 納まり方が正常でないように見える」 


   とかなんとか 長々と説明する


   あとは 医学用語を早口でガンガン使われて ついていけない


   Qちっぷでさえ 時々質問しながら聞いている 



   そもそも 以前、2年ほど前までいた医師がいなくなっていて


   インターンかと間違えそうなほど 若く


   しかも チャイナ系の(女性というよりは)女子医師で 


   診断が下せず 自分の頭の中で探りながら話しているような印象である


   それでも 態度だけはいっぱしで 


   
   結局 きりりと 選択肢は 三つあると言う


   ① 週明けまで様子を見て その後どうするか決める


     この場合 (今週末は月曜が祝日で余分に1日長いので) 


     3日の間に容態が悪化して 致命的な状況になる可能性が50%


   ② 週末をこのまま過ごす危険を避けるためにも 


     今からすぐ開腹手術で ガスと異物を取り除く


     この場合 手術中の麻酔にかかっている間 


     中尉の肥満のせいで 心臓に過度な負担がかかり


     手術に耐えられない危険性が20%


   ③ 安楽死をさせる


     一般的な会話ではこれ put her(中尉のこと) down と言うが


     Euthanasia と 難しい言い方をされて 


     一瞬 意味が分からなかったが 


     Qちっぷの反応を見て 何のことかすぐに想像がついた



   選択肢に安楽死を入れるなんて、と この時はむちゃくちゃ腹が立ったが


   後に 手術費用を聞いて 


   ああ この額が払えなくて 処置しないか 安楽死を選ぶ飼い主もいるんだ


   と気付き それを思うと もの凄く やるせなくなった


   施術日にポンと2800ドルだもん


   (1カナダドル80円前後として日本円で約22万)


   この中には 先の検査費用は含まれているが


   手術後の入院が 1日でも必要になった場合 


   また別に5〜600ドルの費用が必要になる


   3年前 友達一家の猫(12歳くらいだった)が 高齢による重病で


   手術後の寿命が そう延びる期待も出来ず 


   高い費用も出せない と この道を選んだ




   Qちっぷは 医師の説明後に持ってこられた見積書を見ながら


   「手術しかないよな けど 夏休みの旅行費用がこれで無くなるよ」


   とか 泣きっ面でブツブツ言っている


   私は また腹が立って 


   「費用は出せるんだから手術でしょうよ! 旅行なんざ構わんだろーがっ!」


   と鼻水たらしながら 声を絞り出した


   
   Qちっぷは やっと腹をくくったようで


   「よし 手術してもらおうね 旅行はもういらないよね」


   まだ旅行とか言ってやがる と思ったが こらえて


   私たちの意向を聞きに戻ってきた スタッフに ゴーサインを出す  



   午後3時過ぎ 中尉を手術部屋へ見送り


   手術が終わる6時頃まで 一旦家へ戻って待つが 


   何も手に付かない 今までで一番長い3時間だった



   予定通り6時に 手術が終わり麻酔から覚め始めたと電話があり 


   中尉は 無事だった!


   すぐに病院へダッシュで駆けつけ説明を受ける


   今度は別の医師が出てきて(ベテランそうな医師で安心した)


   結局 レントゲンに写っていたのはガスと便(所謂宿便か?)で 


   自然には排泄できない状態になっていたので取り除いたとのこと


   それと 原因不明だが


   内蔵には それを包む膜があって その膜に 何カ所も内出血があり


   これはそのまま回復を待つしかないそう


   飼ってる環境を思い起こして 原因を探る手がかりがないか


   色々相談したが まるで該当する事が無い 不気味である




   想定内だが その医師によると


   今夜一晩は 病院の監視下に置きなさいとのことで


   この連休中でも 緊急当番で引き受けてくれる病院を探しておいてくれた


   場所もそう離れていない 


   その足でそちらの病院へ 引き取ったばかりの中尉を連れて行った



   まだ麻酔で朦朧としている 中尉


   f:id:KijiB-co:20170523070539p:plain  


   私も動揺していて 撮った顔がブレている



   たどり着いた緊急当番病院の診察室


    f:id:KijiB-co:20170523071010p:plain 


   
   ここで 最初の病院で受け取った点滴をつないでもらい


f:id:KijiB-co:20170523071124p:plain
                    瞳孔がまだ開いたままのちび子



   壁備え付けの 大きめな個別ケージに移し


   後は 当直の医師とスタッフのかたに託して 帰途についた


   明日は 朝6時半 当直の交代前までに 中尉を引き取りに来る段取りだ


f:id:KijiB-co:20170523072817p:plain

   


   一夜明けて 一昨日の朝


   病院のケージの中では まだぼんやりしていたが


   
   家に帰ってきて ひと眠りし


   午後には 補助板を伝って自力で猫ホームに落ち着いた中尉


f:id:KijiB-co:20170523073905p:plain



   術後まだ24時間も経っていないが


   立って よたよたと歩くことは出来る



   この連休中の間 容態が変わったりしたら


   昨日の当番病院で すぐに受け付けてくれるというので


   気持ち的にもずいぶん楽だった



f:id:KijiB-co:20170523074258p:plain



   餌と一緒に摂った痛み止めが効いているのか


   いつもとは全く別種類の ぐだーっ状態


f:id:KijiB-co:20170523074612p:plain

   


   これは 昨日の夜 


f:id:KijiB-co:20170523075042p:plain


   帰ってきて以来 ここが中尉の主な居場所になった




   舐めて開腹した傷口を開けないように


   首に取り付けるカバー


   (Qちっぷはコーンと呼んでいる)を退院時に付けられたが 


   帰路の車内と 帰宅した後も パニックを起こしている様子が続いた


   外してあげて一日 目を離さずにいたら


   大丈夫そうなので そのままでいる


   でも 普通に顔がお腹に届く 標準体型の猫ちゃんの場合は


   カバーは付けてあげた方がいいと思う


   

   帰ってきて ふた晩過ごした 今日の早朝


f:id:KijiB-co:20170523075220p:plain


   ちび子中尉の いつもの動き方が少しずつ戻ってきている


   
   これを書いている今も 


   机の足元に置いた 猫ベッドにおあす 我が家のお猫さま


f:id:KijiB-co:20170523082104p:plain



   これをアップしたら 晩ご飯タイムですぞ

_
   

夕暮れ時 #83

_


   今夜の西の空


f:id:KijiB-co:20170522151138p:plain



   何の変哲もない夕暮れのよう


   だが うちの真上 向こうからすると東側は


   集中雷雨のまっただ中


   カナダでは 少なくとも うち辺りの田舎町は


   ちょっとした夕立や 風雨 雷雨 で停電になる


   日没後の停電は特に厄介


   夕食後の一服もそこそこに 


   まあ すぐに終わるが


   懐中電灯とロウソクの準備にとりかかる夜だった

_


   

今日の中尉 #335

_

   ポカポカ陽気の午後



   ここ最近は めったにここに納まることがなかった 


   猫ホームで おくつろぎ中の ちび子中尉



f:id:KijiB-co:20170520004429p:plain


   あ 起こしてしまった


   おもむろに 毛づくろいを始める


f:id:KijiB-co:20170520004928p:plain


f:id:KijiB-co:20170520004958p:plain


f:id:KijiB-co:20170520005019p:plain


f:id:KijiB-co:20170520005113p:plain


   一息ついて 


   またお昼寝しようかなっと


f:id:KijiB-co:20170520005321p:plain   

_

虹の雲

_

   週末の買い出しに出かけた 昨日の午後


   見慣れない 色付きの雲 が浮かんでいた


f:id:KijiB-co:20170515234711p:plain



   Qちっぷは 左側の運転席 


   そっちとは反対側の空なので 気が付いていない


   こんなの 見たことないなあ と思いながら


f:id:KijiB-co:20170516002308p:plain



   道を曲がった所で 


   ねえねえ あの雲 見て、 これって時々起こるの?


   と聞いてみた


   するとQちっぷは うわっ 何あれ と言いながら車を路肩に寄せ始める


   あ やっぱ 珍しいんだ


   わざわざ車を降りて しばらく写真を撮りながら眺める


f:id:KijiB-co:20170516003239p:plain



   細い道の路肩 電線が入って邪魔だが 


   脇の畑に踏み込むのも何なので ここからの撮影にとどまった



   道の反対側は 特に変わったこともなく


f:id:KijiB-co:20170516003746p:plain



   この後5分ほど走って 


   先にあるガソリンスタンドで止まった時には もう消えかかっていた


   いいタイミングでみつけてたのかも知れない



   帰る頃には 雨雲が近づいてきた  


f:id:KijiB-co:20170516005710p:plain



   さっきまでの晴天が嘘のよう


f:id:KijiB-co:20170516005843p:plain
   


   眺めを遮るものがないので 


   あそこで雨が降っているってのが見えて おもしろい
_

   

Peterborough, Ontario, Canada

_

f:id:KijiB-co:20170514235000p:plain

   下絵はこんな感じ


   
   町の画像を検索しても ぴったりな空撮画像が見当たらなかったので


   部分的なものを何枚か見て描いた


   そのうちの一枚が ここの
   
www.moneysense.ca

   27番目に載っている

   カナダらしい 素敵な景観
 



f:id:KijiB-co:20170515001040p:plain
page 14 : Peterborough, Ontario, Canada


_

縞リス 立ち上がる


   何かの音を聞いているのか


   立ち上がって しばらく動かない


f:id:KijiB-co:20170512144659p:plain


   見た感じ 警戒モードの縞リス


   ちびすけ です


f:id:KijiB-co:20170512144831p:plain

_

寿命1ヶ月の差し歯

_

   丁度1ヶ月前に 治療が終わったばかりの差し歯が


   いきなりとれた



  f:id:KijiB-co:20170512113749p:plain



   カナダで初めて歯医者さんに行ったのが 一昨年のこと


   それからひと月前の治療に至るまで 2年弱の間


   マイナスの意味で 驚きの連続だったので


   今日の ポッキリ差し歯事件には あまり動揺していない


   色々な途中経過をもとにした判断材料からすると


   「さもありなん」 




   やり直し治療の予約を取るべく クリニックに電話したが


   10日後まで 先生が不在 (何じゃそれ)で 


   最短で 12日後が空いてるという


   はいはい それまで待ちますホトトギス


   こんな悠長な予約受付も 全然珍しくない



   受付のお姉さんが 「じゃ それまで固いものは食べないでね」 って  


   いや 端から そんなチャレンジする気は起きない



   前回 治療が終わった時に 


   「さあ これですぐに固いものでも何でも食べていいよ 心配ないよ〜」


   と先生が言った時に 


   頭の中 かすかに 「ほんまかいな」 がよぎった 


   あの声は正しかった


   


   カナダに来て まだ一カ所目のクリニックと 二人目の医師なので 


   「カナダではこうだ」とは言えないまでも


   少なくとも 思い知ったのは 


   日本の 飛び込みで すぐに診療を引き受けてくれる仕組みと


   普通の 町の歯医者さんの治療の腕前は すごく良くて 気配り細やか


   治療代だって 納得のお値段


   ということ
 



   さ〜て とれた歯を どうやって保管するか  


   私も悠長に 家の中を歩き周り 考えた 


   そうだ 未使用の コンタクトレンズのケースがある 


  f:id:KijiB-co:20170512123654p:plain


   マウスウォッシュに浸けて消毒したほうがいいかな

 

今日の与田 #206

_

   今朝の与田  


   遊んでほしいムードを漂わせ


   f:id:KijiB-co:20170512111013p:plain



   それとなく 猫玩具と共に うったえかける


f:id:KijiB-co:20170512111314p:plain


   かわいいやつです

_