Animal Kingdom p.1 ~ 2 蛸です

_

   進行中の 他の本が3巡したところで


   新顔を加えることにした


   Animal Kingdom

f:id:KijiB-co:20190217024206p:plain


   これは 去年亡くなった Qちっぷのママが残した


   ほぼ手付かずの 沢山のぬり絵本の中の1冊


   中を見ると 題材的に


   全ページ塗れる自信は持てないなあ と思ったが


   とりあえず始めてみた


   他の本のページを塗っている合間に


   ちょっと塗っては 放っておく が続き


   2ヶ月以上かかって やっと この度


   最初の見開き 2ページが出来上がった


f:id:KijiB-co:20190217025629p:plain
Animal Kingdom p.1 ~ p.2


   この本 ページごとの題名は付いていない


   なので 以後 ここにアップする時は


   ページ数に 適当に自分でつけたタイトルを添える




   貰ったこれ以外の本は 全く新品のままだったが


   これだけは 1ページ 軽く試し塗りされていて


   最近になって あと2枚 都合4ページ分が


   切り取られてた と気が付いた


   多分 本を開いた時に 紙面が平にならないので


   塗りにくて 切り離しちゃったのだろう


   確かに 綴じのギリギリ部分にまで 絵柄が載っているのは


   いただけない


   いつも 開いた時に マチの部分に煩わされて


   切り取って塗ると楽なんだけどなあ


   と思うことが しょっちゅうだ 


   

   ともあれ この本は 一時期 買うかどうか迷って


   今はまだいらない ことにしたが


   結果的に 手元にやって来た1冊


   欠損ページもあることだし


   のんびり塗っていこうと思う


_   

Saint Mark's Basilica, Venice, Italy (1093)

_
   
   下絵はこちら

f:id:KijiB-co:20190214061849p:plain


   今回は イタリアのヴェニス


   お手本画像を探していたら


   辺り一面 浸水している画像が何枚も見られた


   やっぱり そうなのね


   そんな場所にもかかわらず


   この教会 900年以上もここにあるとは すごい


   ページの説明書きによると


   この建物 ビザンチン建築 という様式らしい


   一度訪れてみたい場所が またひとつ増えたページである


   
f:id:KijiB-co:20190214072203p:plain
Landmarks of the World
page 10 : Saint Mark's Basilica, Venice, Italy (1093)

_

Mar Saba Monastery, Kidron Valley, Palestine

_

   下絵はこんな感じ

f:id:KijiB-co:20190210074154p:plain


   今回は パレスチナの修道院


   キドロン バレー 名前だけは 何かで聞いたことがあった 


   何処のことなのか 覚えてもいなかったが


   このページに来て 初めて 地図を見てみた


   この辺りや 中東のこと 全般的に 


   知識はないが 興味はある 


   お気楽に行ける場所ではなさそうだけど


   なんとも 惹かれるものが漂う場所だ


   
f:id:KijiB-co:20190210080556p:plain
page 3 : Mar Saba Monastery, Kidron Valley, Palestine

_

夕暮れ時 #101

_


   まだまだ寒さが続く毎日だけど


   立春を過ぎる頃になると


   夕方5時を過ぎても 日が沈みきらない


   あー やっと 


   あっという間に 昼間が終わってしまう冬をくぐり抜けた


   と ほっとする


   と同時に 今日は週末の遠出 外晩ご飯で 楽ちん


   車から眺める空も いい感じに見える夕方であった



f:id:KijiB-co:20190210073521p:plain

_

Beqa Lagoon, Viti Levu, Fiji

_

   下絵はこちら

f:id:KijiB-co:20190129061836p:plain


   自然の景色のぬり絵 "Fantastic Planet"


   今日のページは フィジーの珊瑚礁


   全ページがそうなんだが


   今回は特に 内表紙に載ってるお手本がなかったら


   難し過ぎて お手上げだっただろうと思う


   単純に原画の画像を見ながら 真似て塗るだけでも


   けっこうなチャレンジだが


   少なくとも 創造性は必要ない


   深いこと考えずに 単純に 集中しながら


   使ってある鮮やかな色を楽しめた


f:id:KijiB-co:20190129061856p:plain
page 3 : Beqa Lagoon, Viti Levu, Fiji


   只今 4冊のぬり絵本を


   ページの順に塗ってっているので


   この本の 次のページが回ってくるまで しばらくかかりそう


   次はマンダラ 待ち遠しい

_

Dome of the Rock, Jerusalem, Israel (CE 691)

_


   下絵はこんな感じ

f:id:KijiB-co:20190118054401p:plain


   Landmarks of the World 2番目の画


   今回は イスラエル


   岩のドーム だ


   名前には聞き覚えがある 程度しか知らない


   モデル画像を探しながら


   初めて 外観や周りの街の様子を見た


   そうか こんな建物だったのね


   周辺の近代的なビルがイマイチ だけど


   屋根がドーム状の建物なんかは


   日頃 目にすることはない 中はどんななんだろう


   と だんだん興味が湧いてくる 1ページだった



f:id:KijiB-co:20190118062642p:plain
Landmarks of the World
page 8 : Dome of the Rock, Jerusalem, Israel (CE 691)

_

夕暮れ時 #100

_


   どこかに出かけても 用が済んだら 


   とっとと家へ帰りたくなる この季節


   なのだが 今日みたいな天気の日は 遠回りしてみる


   タイミングよく 日が沈みきるところだった


   よく寄る公園での眺め


f:id:KijiB-co:20190118052539p:plain



   晴天とセットの極寒


   でも いい気分 なひと時なのだ


f:id:KijiB-co:20190118054008p:plain


_  

Tiger's Nest Monastery, Paro Valley, Bhutan

_

   下絵はこんな感じ


f:id:KijiB-co:20190109051000p:plain



   むむ これは日本以外の 東洋の寺だな


   悪い予感に襲われつつ タイトルを見てみると


   おっ ブータンだ 予感が外れて良かった


   ブータンなら大歓迎


   悪い予感 = チャイナ ではなかった


   というのも このぬり絵本 ファンタスティック シリーズを


   3冊買ったあとに これらが


   Manufactured in China だと気が付いて


   もの凄く すごく すごく がっかりしている


   我が家は チャイナ製とコリア製の物を


   出来うる限り 削減する方針


   ぬり絵の景色だって 今回のページも


   ことによると すっ飛ばすつもりでいた


   されど 本の作者 マクドナルド氏の画は とても好き


   シリーズの 残り2冊も 苦渋の選択で 買うかもしれない


   が 今後 この本の出版社 Chronicle Books のもので


   欲しいのをみつけた場合は 製造場所要チェック だ


   よく見ると この社の地元は サンフランシスコ


   あーね⤵️ って感じ



   そもそも カナダの本屋さんで


   もう ずいぶん前に気付いたのだが


   チャイナで製本されたものが 数多く出回っている


   アート系の欲しい本を見ている時に


   Printed in China の文字をみつけて 


   幻滅 興醒め 甚だしく


   買うのをやめたことが何度もある


   カナダ以外の国も 大体こんなことになっているんじゃないかな


   と 想像がつく


   嘆かわしいことだ



   
   気を取り直して ブータンに戻ろう


   この国のこと ほとんど何も知らないけど


   なぜだか 自分の中では好印象


   少しある記憶では 王様とお妃様が 素敵な方 だったような


   
   絵そのものは お寺の側面の岩に


   とても手間取った というか途方に暮れた


   でも この難しさが 飽きさせない部分でもあるんだな きっと


f:id:KijiB-co:20190109085005p:plain
page 2 : Tiger's Nest Monastery, Paro Valley, Bhutan

_